洗面台

一条工務店【リュクスドレッサー】は本当にデメリットが多いのか

グランセゾン登場以降

グレイスドレッサーが導入されました

やっぱり最新の
グレイスドレッサーを選ぶ方がいいの?

リュクスドレッサーよりグレイスドレッサーが

いいと言う声が多くなっています

グレイスドレッサーはリュクスドレッサーの

デメリットを改善した洗面台

アイスマートの標準仕様は

リュクスドレッサーです

期間限定でアイスマートにグランセゾンの洗面台を

無料で採用できるキャンペーンがありました

それによりグランスマートという言葉が出現しました

グランスマートとは

グランセゾンの住設を採用したアイスマート

リュックドレッサーとグレイスドレッサーを

どちらも実際に見て検討した私視点で

リュクスドレッサーについて書いていきます

グレイスドレッサーとの比較記事はこちら

リュクスドレッサーの外観

グレイスドレッサーに比べて

リュックドレッサーはシンプルな外観です

アイスマートの設備は全体的に

シンプルになっているものが多く

アイスマートで選択すると統一感があります

木っぽさの重視されているグランセゾンとは

また違った印象になります

f:id:sora-nurseman:20201020222242j:image
f:id:sora-nurseman:20201020222250j:image

カラーはプレミアムホワイトのみ

カラーに関しては

鏡面塗装のプレミアムホワイトのみです

グレイスドレッサーのプレミアムホワイトも

鏡面塗装でした

鏡のように光を反射する塗装ですね

高さ

洗面台の高さ

グレイスドレッサーと同じです

一般的に高さの目安は身長÷2前後です

身長160cmなら80cmの高さが一般的です

高いとどうなるか

低いとどうなのかは

グレイスドレッサーの記事を見てください

グレイスドレッサーと違い

リュクスドレッサーでは

子どもの踏み台が不要な可能性があります

ミラーの部分でまた記載します

3面鏡を採用している

鏡を引き出せる 左右どちらからでも開く

リュクスドレッサーは

3面鏡になっており鏡を動かせます

これにより省スペースでありながら

複数人で使用可能となっています

幅的には大人2人ぐらいです

リュクスドレッサーには子ども用の鏡がある

子ども用ミラー

3面鏡の下についている横長の鏡ことです

この鏡があれば子どもが自分で歯磨きや

洗顔しやすくなります

私のところは鏡がなくてもやっているので

不要でした

この子ども用の鏡には大きなデメリットが

あります

鏡に水が飛び汚れてしまう

この鏡の掃除が大変過ぎて

DIYで外す方もいます

収納

多彩な大容量収納 リュクスドレッサー ボトルラック トールボックス下部 耐震ロック コンセント

鏡裏収納

鏡がグレイスドレッサーより少ないため

一枚の鏡に入る収納が多いです

グレイスドレッサーはこの収納に

マグネット収納がつくため幅が狭いです

逆にマグネット収納がない分

ドライヤーやアイロンの置き場に困るかもしれません

ボトルラック

シャンプー類のストックを入れるのに便利です

ここにドライヤーを収納もできますが

電源コードが絡まったり

引っかかることがあるみたいです

ボトルラックはグレイスドレッサーにはない

上部収納

開き戸になっています

グレイスドレッサーとは違い手前に降ろせません

そのため高い位置での収納なので

手が届きにくく

毎日使う物が収納しづらいと思います

トールボックス

ここは深さや奥行きが十分ある引き出しです

大体何でも入りますね

横収納

左右の開き戸の収納にはカゴがついています

引き出せて便利です

ただしカゴなので隙間から物が落下したり

カゴの角が扉に当たってキズができるなど

デメリットがあります

下部収納

一般的な開き戸の収納です

奥行きがあり収納スペースとしては大きいです

洗い場

ここにコンセントが設置してあります

我が家で使うと洗面台の上にものが

出しっぱなしになりそうな予感がします

リュックドレッサーは洗い場が広いです

手前にフチが広い範囲でついており

水も溢れにくくなっています

蛇口は壁付けではなく

一般的な下から出てるやつです

まとめ

アイスマートの設備としては

統一感がありいいと思います

大きさは必要以上にすると間取りが大きくなり

注意が必要です

鏡裏収納の使い勝手はリュクスドレッサー

がいいでしょう

必要な収納量を考えて選びましょう

ミラーは使いやすそうですが

子ども用のミラーに関しては賛否あると思います