一条工務店の性能

ロスガード90を解説【デメリット4つとメンテナンス費用】窓で換気しない家

ロスガードって何?

換気で窓を開けないってどういうこと?

一条工務店では1種換気システムのロスガード90を採用しています

1種換気は窓を開けずに機械で家中の換気をするシステムです

一種換気システムと3種換気システムに関する記事はこちら

高性能住宅は1種換気システムが必要

換気システムは2003年の建築基準法で義務化された

換気システムはハウスメーカーごとに開発されており

その性能・特徴にも大きな差があります

一条工務店のロスガードは

業界トップクラスの換気システム

世界でも戦える性能

高性能住宅では1種換気にする方がいいです

もちろんカビやダクトの心配などデメリットもあります

ソラマル

現在は改良されデメリットも改善されてきています

一条工務店で家族の健康を守る家づくりをしましょう

私は健康で快適なくらしを目指して

一条工務店のグランセゾンで契約し

うるケアを採用しました

この記事の内容

ロスガードのデメリットがわかり対策できる

ロスガードに必要な費用がわかる

家族の健康を守る家づくりの参考になる

ロスガードの性能はトップクラス

ロスガード90

一条工務店のロスガード90の特徴

  • 高性能フィルター
  • 熱交換型システム

健康で快適、さらに省エネ住宅を目指している

ロスガードは標準仕様で採用できます

他社で全館空調など1種換気を採用すると

100~300万円以上のオプション費用になります

高性能フィルターで健康的な生活が実現できる

有害物質

一条工務店HPより

ロスガードには高性能フィルターがあり

外から入ってくる空気中の

  • 花粉
  • PM2.5
  • アレルギー物質
  • ほこり
  • カビなど

さまざまな有害物質を99%除去して

室内へきれいな空気を入れます

家に入ってくる空気に空気清浄機を通したイメージ

  • 家にほこりがなくてきれい
  • 病気になりにくい
  • カビが発生しない

などのメリットがあります

長く続いていた喘息が治ったという声もありました

カビの原因はこちらの記事をみてください

熱交換システムで快適さと省エネを実現

熱交換システム

熱交換は

室内の快適な空気を換気したときに

できるだけ外に逃がさないシステムです

たとえば

冬に暖房で室内を20℃にしていても

外から0℃の空気が入ってくると

暖房効率が悪く

暖房が切れるとすぐ寒くなります

一条工務店のロスガードでは

90%の熱交換を実現

それにより

外気0℃、室温20℃なら
外気0℃⇒18℃になって入ってきます

他社の大手ハウスメーカーでも
熱交換は80%程度

ロスガードは湿度調整もしてくれる

湿度調整

ジメジメする梅雨でも外から入ってくる
水分を回収し室内へは除湿された空気が
入ってきます

除湿効果を最大限発揮させるためには

オプションでさらぽかを採用する必要があります

我が家のうるケアでは加湿機能がついたシステムです

加湿性能のついた換気システムは今までありませんでした

一条工務店【うるケアの実際】デメリットのカビは?『加湿器不要で乾燥しない生活』一条工務店のうるケアについてまとめました。うるケアは家族の健康を守り、生活の質を大幅に向上させてくれます。心配する人の多いカビやメンテナンス費用も参考に載せています。...

年間暖房費が3分の1以下にカットできる

省エネ効果

一条工務店HP

画像は熱交換システムのない場合と比較したものです

全館床暖房を24時間使いながらで

年間暖房費が3分の1以下に減少した

ロスガードのデメリット4つと対策を解説

ロスガードの有名なデメリットは以下です

  • 騒音がする
  • ダクト内にカビが生える
  • 設置に間取りで1マス必要
  • フィルターと防虫袋の交換がめんどう

現在は改良で騒音対策された

ロスガードは以前マックスという会社と共同開発されました

このときまではロスガードの音がうるさく

部屋の隣に設置するとうるさいと言われていました

現在はパナソニックと提携し改良されました

寝室の隣に設置してもほとんど音はしません

ただし個人差もあるため

神経質で少しの物音でも気になる!

と言う方は設置場所に注意しましょう

ロスガードの音は対策できる

騒音

ロスガードの位置は間取りで1マス必要になるため間取りに制限があります

さらに一条ルール

2階建ての場合ロスガードは

2階に設置することになっています

よくあるロスガードの設置位置の工夫は

  • クローゼットの奥に作る
  • 廊下に作る
  • 掃除しやすい位置に設置する
  • 二重トビラで遮音する

ベッドからできるだけ離して

部屋の中に置かないか

置いても収納をはさむなどしている人が多いです

ロスガードのトビラと自分との間に

もう一つトビラがあると遮音できます

フィルターや防虫袋を交換するため

廊下がいいという人もいます

ダクト内のカビやほこりが気になる

ロスガードではダクトといって

家中に空気を送る配管があります

この配管の中にカビが発生したり

ほこりが溜まってしまうのではないか

という不安をもつ方が多いです

実際には99%有害物質の除去なので

残り1%はどうしてもダクト内に侵入します

しかし他の換気システムに比べるとごく少量です

一条工務店では

50年使用してもホコリやカビがほとんど溜まらないことを実験で証明しています

ダクト内の水分は水蒸気のように

水滴のある空気ではないため

カビが生えるような状態にはなりません

フィルター交換と防虫袋の交換がめんどう

ロスガードには

  • 本体の吸気フィルター
  • 家の中に排気口が複数
  • 虫の侵入を防ぐ防虫袋があります

このフィルターと防虫袋は半年~1年で交換を推奨されています

排気口のフィルターも月1回掃除機で掃除しないといけません

フィルター類の交換は

年間で2,500~5,000円かかります

ロスガードにかかる3つの費用

必要になる費用は

  • 電気代
  • フィルター類の費用
  • メンテナンス費用

フィルター類の費用は年間5000円程度

電気代に関しては電気会社によって異なりますが

ブログやSNSでよく言われているのは月300円程度です

そこまで高額な費用ではありません

ソラマル

ロスガードで一番不安が多いのはメンテナンス費用です

  • 点検や修理の費用はいくらかかるのか
  • もし故障して全交換になったらどうなのか

このあたりを解説します

先に書いておきますが

営業さん(店長)から聞いた話では

ここ10年~20年で故障して全交換になった事例はありません

『全交換を想定していないため具体的な予算は不明』だそうです

ちなみにロスガードの保証期間は10年です

ダクト交換や費用の考察は別記事でしています

もしダクトが故障して全交換になったらいくらかかるのか

ロスガードの故障で点検や部品交換をした方は実際に複数います

その場合10万円以下で修理・交換されていることがほとんどでした

一条工務店ではダクトの交換事例がないため

他社の全館空調の交換費用を参考に見てみると

カビやほこりでダクトを全交換すると

100~200万円かかったと

SNSでいくつかみつけることができました

確実性はないかもしれませんが参考にはなります